賀露おやじの会 活動ブログ

このサイトでは、NPO法人 賀露おやじの会の活動の様子を掲載します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小水力発電所調査 | main | 7/9 鳥取東高等学校環境講演会  >>

8/12千代川流域森の健康診断八頭リーダー研修会

第5回千代川流域森の健康診断八頭にむけてリーダー研修を実施。
参加者 30人
八頭町船岡殿の森林
八頭中央森林組合 前田組合長のご協力で間伐作業がされている現場での健康診断実習と手入れの入っていない森林で実施。
竹の進入や故損木、鹿の食害が見られる暗い手入れの入らない山。一方作業道が縦横に巡らされ明るく広がった間伐作業直後の森林。2カ所を見比べながら間伐の必要性を五感と診断データーで実感しました。力強い前田組合長のリーダーシップと熱意で八頭の森は間伐作業が進んでいる。熱い山の一日研修会です。兵庫県村岡、島根県雲南市からの参加もあり充実した一日でした。




 間伐の進む船岡町殿の作業現場での集合写真

手入れのされていない山、
前田組合長(左) 永松大鳥大教授(中央) 根本昌彦環境大教(右授)

間伐直後 明るくなった森林。2年から3年で下草低木が生い茂り豊かな森になる。
永松大鳥取大学教授
永松大教授 八頭町船岡地区公民館研修室
前田幸八頭中央森林組合長
前田幸八頭中央森林組合長の講義  

 
森の健康診断 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.karooyaji.org/trackback/156
この記事に対するトラックバック
アクセス数: