賀露おやじの会 活動ブログ

このサイトでは、NPO法人 賀露おやじの会の活動の様子を掲載します。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8/12千代川流域森の健康診断八頭リーダー研修会 | main | 9/26組手什生産販売再開 >>

7/9 鳥取東高等学校環境講演会 

「地域で小さな経済が回る仕組み
  〜若者が住みやすく、環境に優しい地域づくりを目指して〜」
講師 藤田 充
鳥取東高等学校 環境講演会  1年生 285人

賀露おやじの会の活動紹介で森林整備活動と環境について60分の講演でした。
若い人たちがおやじ達の活動に関心を持ってくれたのに感謝します。
伝えたいことが若い人になかなか伝わらないのですが、熱心に聞いてくれた1年生280人
暑い日なので汗だくでした。
生徒の感想です。

 ○森などの自然環境を考えたりする機会が少ないので、そのきっかけとなるよい機会をえることが
  できた。
 ○若者の住みやすいところをつくるという志を抱いて頑張っておられるのに感心した。
 ○地域通貨というものを初めて知ったし、興味深く思った。
 ○地域通貨と森の健康診断、木材の間伐搬出、地域経済との結びつきなど複雑な仕掛けづくりを継続していくことは大変なことだと思った。
 ○シカが大量に増加し、下草を食べていることを初めてしった。
 ○森や林が海とつながっているということが理解できた。
 ○環境は全体を見て保護していく必要がある。
 ○いつまでも、高齢になっても地域に役立つ夢を持っておられることに感心した。
 ○山、海、土、生物など自然の保護・保全には時間と労力がかかると感じた。
  ○若い人を巻き込んでの活動が必要だと思った。
 ○木が3000円程度にしかならないことに驚いた。
 ○今まで自然のことにあまり興味をもったことがなかったが、森を守ることが地域の活性化になるこ
 とを初めてしった。
○森林を保護するボランティアに参加したい。
○わたしも地域のために何か貢献したいと思いました。
○地元に希望する企業があれば、地元に勤めたいと思う。
○鳥取に住んでいても知らないことがたくさんあり、今まで以上に鳥取のまちずくりに関わっていきたいと思った。
 ○オペラを見てみたい。




 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.karooyaji.org/trackback/157
この記事に対するトラックバック
アクセス数: